吉野家ホールディングス(9861)優待につられ割高になっている銘柄の業績や配当の推移を紹介

2020年2月14日

みなさまこんにちはイカキングです。

今回紹介する企業は皆さんも一度は言ったこがことあるかもしれない吉野家を運営している吉野家ホールディングスです。

広告

スポンサーリンク

吉野家ホールディングスとは

吉野家(よしのや)は、牛丼を主力商品とする、大手外食チェーンストア(牛丼屋)。

株式会社吉野家ホールディングス(略称:吉野家HD)の子会社・株式会社吉野家Yoshinoya Co., Ltd.、略称:吉野家。)が、同店の運営企業である。日本国における牛丼チェーン店舗数では2008年9月末以降、すき家に次いで第2位である(沿革参照)

本社所在地は、東京都中央区で、日本国だけでなく中華人民共和国台湾フィリピンシンガポールマレーシアアメリカ合衆国カンボジアインドネシアにも支店を持つ。愛称通称は「吉牛(よしぎゅう、野家の丼の略)」(後述)。吉野は誤記 。

Wikipedia様より引用 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E9%87%8E%E5%AE%B6#%E6%8C%81%E6%A0%AA%E4%BC%9A%E7%A4%BE

吉野家ホールディングスの事業内容

吉野家ホールディングスは名前からわかる通り持ち株会社です。

そのため主な事業会社を紹介します。

吉野家

ここが主力です。みなさんも一度は行ったことがあるのではないでしょうか。

低価格で牛丼を提供しています。

この事業は日本のデフレに合わせて成長していますね。

低価格が強みなため少しでも値上げをしてしまうと客足が党の久野が欠点です。

はなまるうどん

本格的なセルフ式讃岐うどんを提供する「はなまるうどん」やカレーうどんを提供している「千吉」を展開しています。

この事業は多少丸亀製麺に押され気味なところがありますね。

アークミール

ステーキレストランの「ステーキのどん」「フォルクス」しゃぶしゃぶ・すき焼きの「どん亭」を展開しています。

京樽

上方鮨の「京樽」回転寿司「海鮮三崎港」を展開しています。

全体としては吉野家のみで売り上げの50%を占めています。

また海外売り上げ比率は10%程度なので今後も伸びる余地があります。

吉野家ホールディングスの株価の推移

最近の上昇が著しいですね。これは株主狙いの買いが増加したことなどが理由でしょう。

株価の基礎情報

株価 2,560
PER赤字のため算出不可
PBR 3.34倍
配当利回り 0.78%
時価総額 166,732百万円

PERは前期が赤字であったため算出できていません。

ただPBRからみると成長率のわりに買われていることがわかります。やはり株主優待狙いの買いが多いためですね。

配当利回りはそこまで高くないです。そのためこの株を買うのは株主優待を狙う人だけですね。

吉野家ホールディングスの業績の推移

売上の推移

売上は2013年ごろまでは漸減傾向でしたがそこから反転し徐々に増加しています。

2019年には節目となる2000憶円を達成しました。

営業利益の推移

2019年は原材料の高騰や自然災害、物流費の増加によって大幅減益になりました

2020年は元の水準に回復する予定です。

営業利益率はかなり低いです。高くても3%と少しでも値上げをすると客足が遠のくデフレ国家の飲食店らしいです。

当期利益の推移

2019年の大幅赤字は売り上げのよくない店舗から撤退した影響などで起きました。

撤退するのにも資金が必要なため慎重に出店してく必要があります。

配当の推移

増配する気持ちは微塵もないようです。ずっと20円配のままです。

今後も増配されることはないでしょう。

配当性向の推移

配当性向が0%になっている年は赤字で算出できていません。

配当性向は高めですね。常時100%を超えている状態です。

これは毎年資本が減ってしまっている状況です。財務的にはあまりよくないですね。

株主優待

Image result for 吉野家株主油袋画像

吉野家の株を保有すると上の画像のような優待券がもらえます。

もらえる金額は下の表のとおりです。

100株以上10枚(3,000円分)
1000株以上20枚(6,000円分)
2000株以上40枚(12,000円分)

100株の時が一番利回りが良いですね。

財務の推移

自己資本比率の推移

自己資本比率は徐々に低下しています。これは毎年配当を利益以上に出しているためですね。

しかし40%を超えているので倒産する心配はありません

ROEの推移

ROEは低いです。自己資本が薄くなっているのにもかかわらず収益性が低いため低くなっています

もっと資金を効率的に活用する必要があります。

キャッシュフローの推移

営業キャッシュフローはとにかく安定しません。

これではより多くの運転資金が必要になり借入金利息の負担が大きくなってしまいます。

吉野家ホールディングスのまとめ

割高

株主狙いの買いが多い

配当利回りは高くないから優待狙いで買う株