雑記

前田建設が敵対的TOBをする可能性? 相手会社の前田道路が反対してもTOBを行うと発表

広告

先ほどロイターの記事を見ていたら前田建設が前田道路にTOBをするという記事を見たので思ったことを書きます。

前田建設とは

まず前田建設とは名前の通り建物を建築したり土木作業をしている企業です。

また前田道路とは主に道路の土木や改良、舗装をしている企業です。

前田建設の関連会社が前田道路という関係です。

TOBの目的

今回のTOBの目的は完全子会社化ではありません

株式保有率を51%まで高め今よりも関係を密接にしシナジーを生み出すのが目的のようです。

また完全子会社化しない理由は前田道路にも企業風土があり独立性をある程度維持したいためです。

こちらがそのロイターの記事です。

https://jp.reuters.com/article/maeda-president-interview-idJPKBN1ZJ0YI

思ったこと

今回TOBという文字を見て日本もどんどん親子上場が減少していていいなと思いました。

だって少数株主が不利益を被ることがなくなりますからね。

しかし完全子会社化ではないことを知って残念でした。

会社の51%株式を保有するということは首根っこをつかんだのと同じです。

100%だろうが51%だろうがその会社の支配株主であることに変わりはありません。

だったら企業統治が叫ばれている今、その中でも少数株主が損害を被る可能性の高い親子上場を解消すべきだと思います。

まあだったら親子上場している株の子供のほうを買わなければよいのですけれど。

特に例を出せばソフトバンクグループの子会社や孫会社はソフトバンクグループに様々なスキームを使ってお金を送らされるので注意したほうがいいです。

また投資するときには大株主を見て上場している親会社がいる場合は注意する必要があります。

親会社の業績が悪くなれば真っ先に子会社に影響がありますからね。

ところで親子上場という言葉を先ほど出しましたがこれは日本以外ではほとんど見ることができません

できるとすればロシアとブラジルの一部企業ぐらいです。

法律は日本も欧米も大差ありません。

しかし株主第一主義である欧米に比べ株主が軽視されがちな日本では親子上場ということがまかり通ってしまっていたのです。

ただ最近は「ガバナンスが重要だ」「株主が一番だ」という考えが徐々に浸透して生きているので親子上場は解消の流れにあります。

それでもまだまだ親子上場は残っています。

もしあなたがこういう会社の株を保有しているのであれば株主なのだから親子上場を解消しようと声を上げるべきだと思います。

広告

betmobさん

-雑記
-

Copyright© イカ君の株式投資(日本・米国・英国) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.